Youtube "馬旅チャンネル" にて、毎週 動画を更新中!

日本人でも楽しめる?ワルシャワの公立図書館に行ってみた!

この記事は約4分で読めます。

ワルシャワで図書館を利用したくて、公立図書館に行ってみました。

図書館の目印や雰囲気、旅行者でも入れるの?、日本人でも楽しめる?という点をご紹介します!

公立図書館のマーク

公立図書館は、画像左上の「赤い本のようなマーク」が目印!

ポーランド語で図書館は「Biblioteka」です。

ワルシャワ内にもたくさんありますし、公立というだけあって外国人でも誰でも、旅行者でも入れますよ〜!入って楽しむだけであれば、カードの作成なども必要ありません。

  • ポーランドの本に興味がある!
  • 〇〇について、ポーランドの本を見てみたい!

という方におすすめです!

図書館の雰囲気

図書館の雰囲気は、ひっそり営業してる古本屋さんのような感じ。

日本の図書館のような「注目の一冊!」「おすすめ!」など派手なディスプレイはなく、淡々と本が並んでいました。出入り口の近くでは、古い本の販売も行っていました。

本を読んで休憩できるような机・椅子も少なかったです。日本では図書館で勉強することもあるので、この点は、個人的に残念でした。もしかすると、その場で読むというより、借りる前提で「本を探す空間」になっているのかも??

ただし、図書館といっても場所によってもっと大きい場所、新しい場所もあります。何箇所か回ってみるのも面白いかもしれませんね!

そして、中には漫画コーナーも!

ワンピースもしっかりポーランド語に翻訳されていましたよ。

図書館で本を見る・読むだけでなく、「本を借りる」となると、身分証明書や住所が必要かもしれません。今回は借りてないので分かりませんが、借りたい方は要確認です!

日本人でも楽しめる?

結論、楽しむことはできました!ですが、ポーランド語が全く分からない方には、本屋さんの方が楽しめるかな〜というのが、正直な感想です。

なぜなら、本が探しにくいから!

理由は分かりませんが、すべての本の背表紙に、ベターっとポーランド語でタイトルが書かれていて、取り出して、開いてみないと何の本なのか?すら分からないという状況になるのです(笑)

本ってタイトル以外にも「イラスト・デザイン・本の雰囲気で手にとってみる」ということが多々あると思うのですが、それが全くできないのです。

運良く、絵やイラストが多い本が見つかれば、本を眺めて楽しむことはできますが、そうなるまでは活字との戦いです!

漫画コーナー(ポーランド語に翻訳されてる!)や日本を紹介した本もあったので、楽しむことは出来ましたが、本屋さんのほうが品揃えが良かったり、飾り方がキレイだったり、何より気に入ったら購入できるという点ではオススメです!

内容は分からなくても、飾っておくだけで「ワルシャワの、あの本屋さんで買ったな〜」という思い出にもなりますし、自分へのお土産にもなります。

おすすめの楽しい本屋さん

ついでに、おすすめの本屋さんも紹介しておきます。

<私のおすすめ本屋さん>

Empik(住所:Marszałkowska 116/122, 00-017 Warszawa)

かなり広くて、ありとあらゆる本が売ってます。

  • 絵本
  • 専門書
  • 語学学習
  • ポーランドの歴史や文化について
  • 日本について などなど

その他に、こんな物も揃っています。

  • 可愛い雑貨
  • CD
  • 手帳
  • 文房具
  • ギフト用のボックスや飾り、シール
  • カレンダー

かなり大きな本屋なので、自分や友人へのお土産を探したり、好きな絵本や専門書を探したりと、ゆっくり時間を過ごせます📚中央駅にも近くて、歩いて行ける距離なので、観光ついでにも便利です✨

(入り口が少しわかりづらいので注意。1階の化粧品売り場を突っ切って、エスカレーターを上ると、2階に本屋さんがあります)

図書館の営業時間・場所

さて、話を図書館に戻しましょう。

営業時間

営業時間は、画像の通りです。

  • pn(月曜日):10-15時
  • wt(火曜日):10-15時
  • sr(水曜日):14-19時
  • czw(木曜日):14-19時
  • pt(金曜日):14-19時

クリスマスや年末年始、ポーランドの祝日は営業時間が変更、もしくはお休みになる可能性もありますのでご注意ください。

場所・アクセス

今回行った公立図書館は、Warszawa Ochota駅近く。

Zabkaという、コンビニのようなお店の上にあります。(Zabkaは緑のロゴが目印)

公立図書館への入り口は、建物の裏に回って、裏の広場から伸びてる歩道橋を渡った所にあります。

この他にも「Warszawa biblioteka」でマップ検索をすると、ホテルやお住まいに近い図書館があるかもしれません。是非試してみてくださいね!

おわり

以上で公立図書館に行った体験談は終わりです!

ぜひ参考にしていただき、ポーランドの図書館を楽しんでいただけたら幸いです。

それでは!

関連記事:【文化科学宮殿】個人でもOK!ワルシャワのシンボルの頂上へ!チケット・入り口・アクセス

コメント

タイトルとURLをコピーしました