【海外暮らしのリアル】スペインの家探しが超難航してます

この記事は、YURIE KONOが配信している音声ラジオでも聞けます!

SpotifyやPodcastでも聞けます

今回は、スペインの家探しに超難航しています!というお話をしたいと思います。

コネ0の異国で、家探しが難航する2つの理由

数カ国を経て、今はスペインに住んでいます。

どこの国でも共通してやっぱ家探しってすごい難しいんですよね。

やっぱり大家さんとしては、長く住んでくれる人がいいじゃないですか。

でも私はワーホリで1年だけしかスペインに滞在できない。これは、私の家を探しが難しい1つの理由です。

2つ目の理由は、私が外国人っていうのがあるかもしれませんね。

スペインでのコネクションとか人とのつながりとかがない状態で、さらに言語の壁もあるので、その中で家探しをして信頼をゲットするってやっぱり難しいんですよね。

バカンス人気エリアは、夏の家賃が高騰

それに加え、今住んでいる地域は、けっこう温暖な気候なんですよね。

だから日本では毎日ダウンが必要な2月でも、半袖+パーカーで外行けるぐらいなんですよ。

そんな気候だから、夏のバカンスの時期になると、ヨーロッパ中からスペイン南部に人がめっちゃ来るんですよ。

それが家探しに影響していると思うんですよね。

実際に夏の期間は家賃が倍になったりもしてるんですが、そんな倍の価格になっても、人気の場所なので人は来るんですよね。

なので、どこの家もいっぱい。そもそも空いている部屋があまりないという現状です。

いくつか候補はあって、連絡を取っているところはあるんですけれども、どうなることやら。

フリーランスこそ、家は生活の基盤

そんな感じで、毎日家探しのサイトを徘徊しています(笑)

今のところ家探しにかなり難航していますというお話でした。

私の中で季節によって家賃が変動するっていうパターンは初めてだったので、ビックリしました。

果たして家は見つかるのか、ちょっと心配ですけども、そこも楽しみつつ頑張ってお家探そうと思います。ホームレスにはなりたくない!!

この記事は、YURIE KONOが配信している音声ラジオでも聞けます!

SpotifyやPodcastでも聞けます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
YURIE KONO世界を駆けるホースジャーナリスト
1994年生まれ、海外在住フリーランス。 ワーキングホリデーを利用しながら、ヨーロッパに住んでいます。 ▶︎2019.7~ ポーランド・ワルシャワ在住 ▶︎うまテラス、馬英語レッスン、オリジナル馬グッズ