Youtube "馬旅チャンネル" にて、毎週 動画を更新中!

【ご報告】プロフィールのイラストを描いていただきました!

この記事は約7分で読めます。

【ご報告】

 

この度、プロフィールやサービスページに使用するイラストを、

recoteeesmyさんに描いていただきました!

 

ブロガーさんやフリーランスをしている方って、全員が、何かしらのプロフィール画像を設定して、

「この画像と言ったらこの人!」みたいにイメージが出来上がっているじゃないですか。

 

パソコンでの仕事やネット上での発信が主になり、実際に会わない関係性が多いからこそ、

プロフィール画像って、その人のイメージを作るためにとても大切だと思うんです!

 

 

そんな事もあって、ずっと、

「プロフィール画像は統一したいなー」

「ずっと使えるプロフィール画像が欲しいな」

「上の画像なら顔も映っているけど、馬じゃなくてラクダだし。」

なんて思っていました。

 

 

本当は写真の方が良いのかもしれないですが、

自分が仕事をしていくうえでのプロフィールは、絶対に馬と一緒が良いし(こだわりが強い笑)

かと言って、相手も生き物なので、思い通りに写真に映ってくれないんですよ~

 

犬猫のように抱っこして強制に写真につき合わせることも出来ないので、

遊んであげずに写真撮影を続けていれば、

🐎「え~何も食べ物くれないの?飽~きた!」と思われ、私なんて知らんふり。

写真撮影はそこで終わってしまいます(笑)

 

 

ということで、写真の合成をココナラで依頼しようか、

写真家さんに依頼しようか、と悩んでいたところ、

WSBIさんが運営する『海外フリーランス養成スクール』がキッカケで知り合ったrecoteeesmyさんにお願いできる事になったのです!

 

 

完成品がこちら!

 

 

「シンプルに、優しくホッコリした雰囲気に仕上げて欲しいです!」

という要望に、本当に細かく応えて下さり、イメージ通りの納得できるイラストを描いていただきました~!!!

 

『馬』という馴染みのない動物を書いていただくにあたって、

よりよいイラストを描こうと、たくさんの馬の画像や動画を見てくださったり、

事前に何パターンか候補を準備して提示してくださったり、

細かい点も随時相談してくださったり、と本当に信頼のできるイラストレーターさんでした。

 

 

 

仕事を依頼する立場で感じたこと

 

イラストの話題とは、少し外れるのですが、

今回のイラスト依頼で気付いたことがあったので書き留めておこうと思います。

 

 

実は今まで、お金をいただく側の受注しかしたことが無く、

今回【自分からお金を支払って、誰かに仕事を依頼する】という事が初めてでした。

 

慣れないことも多く、ご迷惑をおかけしたこともあるかと思うのですが、

recoteeesmyさん とお仕事をしている最中は、不思議なくらいに気持ちのよいやり取りだったのです。

 

お仕事を頼まれる側として、これは見習う手は無い!

私もお客さんとこういう関係を築けるようになりたい!

 

という事で、これから心がけようと思ったことを覚書として

みなさんにもシェアしたいと思います。

 

 

 

1.相手は自分に何がしてほしいのか?を【明確に】知る

 

これ、お仕事を頼まれているから当たり前のことではあるのですが、

クライアントさんからお仕事の内容や詳細を伝えられても、「ん?これはどういう事なんだろう?」と悩む事ってありませんか?

 

ついつい、自分が今まで仕事をしてきた中での経験や自分の中での常識で「まあ、こういう事かな」と判断しがちですが、分からなかったなら、必ず聞いた方が良いです。

 

もし、自分なりの理解が間違っていた場合は、完成後に、「こういうつもりの指示ではないのですが、、、」となってしまい、時間をかけて仕事を終えたのに全て0からスタートという事態にもなりかねません。

 

私は受注している立場に居る時にこれが起きてしまった経験があり、お互いに「あ、、、そういう感じだったんですね。すみません、、、。」という空気が流れてしまいました。

 

仕事を受注するからと言って、完全な受け身にならず、分からない事・疑問に思ったことなどは積極的に聞きましょう!

その分、相手側にも仕事に対する意欲や努力が伝わるはずです^^

 

 

 

2.仕事相手である前に、人と人であることを忘れない。

 

フリーランスの仕事をしていると、ほとんどの仕事がインターネット経由のメッセージで完結するため、

その人自身に実際に会う機会は、今現在かなり少ないです。

 

普段、会社で顔を合わせている人同士なら、相手の顔色や表情、声色が分かるので、

「今日も元気そうだな」

「今日はいつもと違って少し体調悪そうだな」

「あの人がギリギリに出勤なんて珍しいな、残業が続いているのかな」

などと相手の様子を伺いやすいですが、インターネット上で仕事が完結してしまう場合はそうもいきません。

 

 

体調が悪くても仕事は来るし、いくら仕事が詰まっていても1日24時間であることは変わりません。

だからこそ、フリーランスは体調管理が大切なのですが、

私は仕事をする時『納期絶対厳守!』という事より『何でも言い合える関係でありたい』と思っています。

 

もちろん自分が受注側であれば当然納期は守るので、体調管理も気を付けていますが、

依頼側に立つとなると話は別で、PC画面の向こうに居るからと言って強い人間に変われるわけでも無いと思っているので、急ぎの依頼でない限りは、悪い意味の馴れ合いではなく、困った時に助け合えるくらいの関係でいたいという事です。

 

 

その根源には、お金をやり取りする関係だけではなく、人として繋がっていたい、という気持ちがあるのだと思います。

お仕事に協力してくれる方とは、気持ちよい関係を続けたいし、お互いに無理なく長いお付き合いをしたい。

 

もちろん目の前にあるお仕事がどのくらい続くか?なんていくら考えても分かりませんが、

『今、目の前の人と気持ち良い関係を築く』という事が、

「またあの人とお仕事がしたい」

「あの人に頼もうかな」

という次のお仕事にも繋がると思うのです。

 

 

逆に、私が今一緒に仕事をしている方の中には、用件のみの会話を好む方もいらっしゃいます。

 

最初は相手を探り探り会話をしていたのですが、メール上でもあまり業務以外の話はしないので、

今となっては特別何かあった時に会話をするのみで、

私:「〇〇さん

おはようございます。いつもお世話になっております。本日の〇〇は以下になります。

・・・・・・・・・・

ご確認よろしくお願い致します。」

くらいシンプルな内容での連絡になりました。

 

相手方が、サラリーマンをしながらの副業という状況であることを知っていますし、

以前「就業時間より早起きをして副業の時間を取っているんです」と言っていた方なので

時間も少なく余計な時間は無いほうが良いのかな、という判断の元このような形に落ち着き、長いお付き合いが出来ています。

 

 

人間関係同様、絶対的な正解はありませんが、

画面の向こうにも、それぞれが色々な状況を抱えている人がいるんだ、という事を忘れずに仕事をしていこうと思いました。

 

 

 

最後に。イラストレーターさんのご紹介

 

後半は少し話がズレてしまいましたが、最後にイラストレーターさんのご紹介です!

 

今回イラスト制作をお願いしたのはrecoteeesmyさん

 

以下のページに使わせていただきました。

 

 

主にインスタグラムでイラストを公開しているそうなので、

興味のある方は覗いてみてください!

 

recoteeesmyさん
【メールアドレス】recoteeesmy@yahoo.co.jp

 

 

異なるテイストにも、全力で取り組んでくれる、とても優しく芯のある素敵な方です^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました